OCS CO.,LTD

常設ウォールは
こちら

クライミングウォール企画

クライミングウォールイベント
株式会社 オーシーエス
OCSロゴ
レンタルウォール

■クライミングイベント■

レンタル価格はレンタル料金表を参考にして下さい。

イベントレンタル契約の際の注意事項

支払条件 現金、又は現金振り込み、手形不可/レンタルウォールの立込終了前まで。
設営後イベントが中止となった場合、イベント契約者は当社に全額を支払うこととする。
イベント3日前〜設営前までのキャンセルの場合、
イベント契約者は当社に対し請負金額の20%と交通費実費を支払うこととする。
イベント事業を支障なく終了したにもかかわらず、請負代金の支払を遅滞している時は、利息制限法内での遅延損害金を、請求することができる。また、極端な支払いの遅延があれば、場合により次回のイベントより主催者との直接交渉を行っても、これに対し異議申し立てをしない。
契約について紛争を生じた時には、大阪簡易裁判所に調停または仲裁を申請する。
事故責任の所在について
通常当社では、フリークライミングイベント業務を委託された際、壁の立て込みと撤去作業、体験者の確保などについては、当社専任スタッフにその一切をお任せ戴いておりますが、お客様がご希望により、当社スタッフ以外の方を手配された場合、お客様が手配されたスタッフの方ご自身のケガやその方が起こされた事故について、当社は一切の責任をとることができません。
例) 1. 組立てや撤去時に鉄骨を落として他人にケガをさせた。
2. 鉄骨(クライミングウォール)組立ての時に転落してしまった。
3. イベント中にロープの確保を誤り体験者にケガをさせた。
上記のようなケースでは、当社スタッフが起こした事故については、当社の保険が適用されますが、それ以外の方が担当された場合、一切の責任をとることができません。主催者または運営団体等で事故にご対処ください。
当社は、当社の重大な責に帰する事由による事故については責任を負うことが出来ます。
例) 1. 設計上のミスで壁が倒れ体験者にケガをさせた。
2. ホールドが破損したことで体験者にケガをさせた。
当社は体験者に対する傷害保険には入っておりません。テニスやサッカーなど、他のスポーツイベント同様、擦り傷、捻挫、骨折といった万一のケガに備え、体験者の傷害保険は主催者または運営団体等でご加入ください。

フリークライミングは、「本質的に危険を伴うスポーツである」という認識のもとで行われるべきものです。安全にクライミングを楽しむためには、人工壁や人工ホールドの特性を正しく 理解し、適切な技術を習得する必要があります。
これを怠り、誤った方法で使用したことによって事故が起こった場合には、利用者自身が責任を負う ものとします。
クライミングウォールご使用上の注意
以下の事項を守り、指導者の指示に従って安全にクライミングを楽しんでください。
1 低いところで落ちてもケガをする場合があります。
2 一度に大勢の人が登る事は危険です。一人一人順番にチャレンジするようにして下さい。
3 不意に落ちるとぶつかる可能性があるので、登っている人の下や後ろには立たないようにして下さい。
4 先に進めなくなっても飛び降りないでゆっくり降りて下さい。
5 ホールドは回転することがありますので、回転に気がついたらTレンチでしめて下さい。
6 ホールドは樹脂製なので落としたり強く締めすぎると割れることがあります。ヒビが入ったホールドは破棄して下さい。

← 戻る

ウォールカタログの
PDFファイルはこちら

クライミングウォールシステム

株式会社オーシーエス e-mail:ocsocs@dream.com
〒532-0021 大阪府大阪市淀川区田川北2-3-35 TEL:06-6306-0914 FAX:06-6306-0943


Copyright(C) 2004-2005 OCS CO.,LTD All Rights Reserved